会社案内

ごあいさつ

自然環境と地域社会を生かす製品造りこそが私たちの使命です。

取締役社長 顔写真

コンクリート二次製品は一般の方にはなじみがうすいかも知れません。
しかし現在には、道路や農用地の排水、公園、宅地造成、下水道など多種多用に使用され、都市のみならず地域社会とそこで暮らす人々の生活に深く関わっているのです。
さらなる自然環境の保全が叫ばれる21世紀。
これまでにも増して私たちは、自然と人と技術のバランスの取れた製品造りへ取り組んでいきます。
そのことが、創立時に掲げた『技術と信頼』というモットーをさらに強固なものにすると信じているからです。

取締役社長 サイン

概要

商号熊本不二コンクリート工業株式会社
所在地熊本県菊池市泗水町田島2444
代表者山田 純策
設立昭和48年6月
目的1.コンクリート二次製品の製造販売
2.コンクリート二次製品の仕入販売
3.不動産の賃貸、管理
4.温泉浴場の経営
5.前各業の附帯する一切の業務
資本金1,000万円
従業員数130名
取引銀行熊本ファミリー銀行、肥後銀行、三菱東京UFJ銀行
熊本第一信用金庫
関連会社有限会社ヤマダ鉄筋
主要仕入先麻生商事株式会社(麻生セメント)
豊国商事株式会社(宇部三菱セメント)
主要取引先ゼネコン、建材商社、一般土木業者
営業品目道路用コンクリート製品(道路側溝、歩車道境界ブロック等)
下水道用コンクリート製品(組立マンホール、ボックスカルバート等)
農業用コンクリート製品(大型水路、L型水路等)
擁壁用コンクリート製品(L型擁壁、積みブロック、大型ブロック等)
環境型コンクリート製品(ポーラス製品、環境保全型ブロック等)
二次製品防火水槽
その他の各種コンクリート製品

沿革

昭和48年6月公称資本金400万円にて熊本不二コンクリート工業株式会社を設立。
昭和48年11月道路用コンクリート製品製造開始。
昭和51年5月道路用コンクリート製品の日本工業規格表示許可工場となる。
(許可番号 876002)
昭和51年8月下水道用コンクリート製品製造開始。
昭和54年2月資本金1,000万円に増資。
道路用コンクリート製品の連続生産養生設備(第一ライン)を導入。
昭和57年6月下水道用マンホール側塊の日本工業規格表示許可工場となる。
(許可番号 882127)
昭和58年3月道路用コンクリート製品簡易生産設備(第二ライン)を導入。
昭和60年7月道路用コンクリート製品簡易生産設備(第三ライン)を導入。
平成2年10月下水道用組立マンホール側塊(プレホール)の社団法人日本下水道協会の認定工場となる。
(認定番号 A04305)
平成4年7月ミキサープラントを全自動バッチャープラント(強制練り1立方メートル)に変更。
平成6年1月全国宅地技術擁壁協会製造工場の認定工場となる。
(認定番号 94001)
平成12年8月通商産業省より審査事項改正のため日本工業規格表示認定再交付される。
(認定番号 876002)
JIS A 5371 プレキャスト無筋コンクリート製品
JIS A 5372 プレキャスト鉄筋コンクリート製品 T類
平成12年10月日本消防設備安全センターの防火水槽製造工場の認定工場となる。
(認定番号 防−00290号)
平成13年12月下水道用ボックスカルバートの社団法人日本下水道協会の認定工場となる。
(認定番号 F04309)
平成16年1月生産条件変更(製品の追加)を行う。(コンクリート積みブロック)
平成17年4月経済産業省より市町村合併による認定工場の所在地の呼称変更のため日本工業規格表示認定再交付される。
(認定番号 876002)
平成18年12月生産条件変更(製品の追加)を行う。(鉄筋コンクリートボックスカルバート)
平成20年7月財団法人建材試験センターより新JISの認証を受ける。
(認証番号 TC0808056)

交通アクセス